fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
    

なぜ子どもたちに
読みきかせが
大切なの?

言葉を「きく」ちから

「読書力」は、文字や文章を読む力ではなく、言葉をきくちからだと言われています。

耳できいた言葉が豊かであるほど、より深く文章の意味を理解できるようになるのです。

文章の理解は、自由な想像力をもたらし、感動やよろこびを人と分かち合う、おもいやりの感情をもった“豊かな”心の成長へとつながります。

たくさんの美しい言葉

絵本には、美しい言葉がたくさんつまっています。

子どもたちは「読みきかせ」を通して、数多くの絵本とであい、さまざまな言葉をきくことで「読書力」を伸ばしていくのです。

読み手ときき手との
コミュニケーションの場

子どもたちは絵やストーリーの展開とともに、そこにあるすべて(時間、場所、空間)をみんなと共有し、楽しみます。

それは、読み手にとっても大切な機会となるはずです。

    

News

読みきかせの輪を
もっとひろげる
ために

読みきかせに
関わる人々が学び、
交流する機会に

子どもと絵本が大好きなみなさまが「子どもと本」「読みきかせ」「おはなし会」についてさらに学び、それぞれの思いや活動の様子について、意見や情報を交換する場にしたいと考えています。

地域みんなで子どもを育て、
その真ん中に「本」がある

ご参加のみなさまが、地域における読書活動の担い手として活動されることにより、子どもたちに本やおはなしを楽しむ機会や、世代を超えて交流する機会が増え、やさしくあたたかい地域社会が広がることを目指しています。

生命保険協会

読み聞かせによる
“家族のきずな”推進活動

詳しくみる

募集要項

「読みきかせ」
「子どもの本」に
興味のある方

※申込締切
各開催日の3週間前必着

各会場
100~120名程度

※応募多数の場合、抽選。
定員に満たない場合、先着順。

参加費 1,000円
(資料代込)

※生命保険協会の協賛により
ご参加いただきやすくなりました。

主催:一般財団法人出版文化産業振興財団
協賛:一般社団法人生命保険協会


開催スケジュール
 & 
プログラム内容

講師紹介

Image

いとうひろし

絵本を読むことは絵本を作ることと同じくらい
創造的になり得ます

1957年東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業。「おさるのまいにち」シリーズ(講談社)で路傍の石幼少年文学賞、『ルラルさんのにわ』(ポプラ社)で絵本にっぽん賞、『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。その他の作品に『こまったときのねこおどり』(ポプラ社)、「ごきげんなすてご」シリーズ(徳間書店)など多数。新刊に『ルラルさんのだいくしごと』(ポプラ社)。

Image

大友剛

こどもたちが主人公になれる参加型絵本を
体験型で紹介します!

えほん」(早川書房 ミュージシャン&マジシャン&翻訳家。自由の森学園卒業後、アメリカ•ネバダ州立大学で音楽と教育を学ぶ。卒業後、フリースクールのスタッフとして不登校、引きこもりの若者と共同生活をする傍ら、音楽事務所で作編曲、演奏、CM制作を手掛ける。現在「音楽とマジックと絵本のコンサート」で活動。2013年より絵本「ねこのピート」シリーズ(ひさかたチャイルド)を翻訳。他訳書に「えがない)。両作品共に10万部を越える。全国の親子をはじめ、子どもに関わる全ての人へ絵本の楽しさ、魅力、メッセージを届けている。

Image

高畠純

絵本の絵
絵本のことば
それをどうする

1948年愛知県生まれ。『だれのじてんしゃ』(フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、『オー・スッパ』で日本絵本賞、『ふたりのナマケモノ』(ともに講談社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。その他の作品に『オレ・ダレ』(講談社)、『だじゃれどうぶつえん』(絵本館)『どうぶつしんちょうそくてい』(アリス館)、『十二支のことわざえほん』(教育画劇)、『どうするどうする あなのなか』(福音館書店)、『モジャキのくすり』(ほるぷ出版)。最近の作品に『ふしぎなどうぶつランド』『もうちょっともうちょっと』がある。

Image

とよたかずひこ

「弁当〜べんとう」
「沼宮内〜うまくない〜」
「金ヶ崎〜かねがさき〜」
「小牛田〜ここだ〜」

宮城県生まれ。イラストレーターを経て長女の誕生をきっかけに絵本作家となる。1998年『でんしゃにのって』(アリス館)で厚生省中央児童福祉審議会児童文化財特別推薦を、2002年『どんどこももんちゃん』(童心社)で第7回日本絵本賞を受賞。その他の作品に「ワニのバルボン」シリーズ、「あかちゃんのりもの絵本」シリーズ(ともにアリス館)、「ぽかぽかおふろ」シリーズ(ひさかたチャイルド)、「おいしいともだち」シリーズ(童心社)などがある。紙芝居作品も多数。



JPIC読書アドバイザー
読みきかせ講座 講師

お気に入りの
絵本紹介

詳しくみる

参加者の声

参加特典

読みきかせに役立つ資料をプレゼント!!

「JPIC読みきかせハンドブック」や読みきかせにおすすめの絵本紹介冊子など、活動に役立つ充実の資料集。
また、生命保険協会「読み聞かせによる“家族のきずな”推進活動」との連携により、家族で楽しめる内容の冊子もご提供いたします。

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-12-3 神保町スリービル8階

http://www.jpic.or.jp/

03-5211-7282

よくある質問

友だち追加
正常に送信されました。
担当者から連絡が参ります。今しばらくお待ちください。
入力項目に不備があります。