fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
fix bar

読書環境の
整備に向けて

JPIC事務局長 中泉淳


「また参加したい」
と言われる講習会に

JPIC読みきかせサポーター講習会は、2019年秋に満20年を迎えます。
これまで、500回開催・参加者累計5万人(いずれも、関連講習会を含みます)と、スタート当初には考えもしなかった規模と期間で今も続いていることは、「驚くべきこと」と申し上げて良いかと思います。
参加者、講師陣、協賛・助成団体など、関係の皆様に心より感謝申し上げます。

この20年間、子どもの読書環境を整備するために立法・行政側も積極的に動いています。
「2000年子ども読書年 国会決議」(1999年)、「子どもの読書活動の推進に関する法律」施行・「子どもゆめ基金」設立(2001年)、「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」策定(2002年)、「文字・活字文化振興法」施行(2005年)、「2010年国民読書年 国会決議」(2008年)などを見ることができます。

子どもの読書環境の整備に目が向けられる一方で、インターネット、スマートフォン、コンピュータゲーム等の急速な普及、進化には目を見張るものがあり、子どもたちの生活時間に占めるそれらの利用時間が激増しているのは、皆さんご承知のとおりです。
そして、(少し言葉が過ぎるかもしれませんが)そんな状況を憂慮されているものと思います。

家庭内や地域、様々な場面で読みきかせや読書の機会が増え、絵本を真ん中に笑顔が生まれ、物語の世界に浸ったり、時には立ち止まってゆっくりと思索したりすることが、楽しく大切な時間であることを皆さんと共有できればいいなぁと…JPICはそんなことを考えながら20年、この講習会で全国を回ってきました。